2009年01月

双子のハブハブ

仕事場のLANがつながらなくなった。

パソコンを増やした途端に、フロアとフロアの連絡が取れなくなった、という印象。

便利だからと次々にパソコンを増やし、個々のパソコンのIPアドレスを「自動取得」にしたり、「手動」で固定にしていたり無原則だったため、どこかで論理的な矛盾を起こしていることを疑い、全部の機器のIPアドレスとMACアドレスを調べなおそうということになった。うんざりする。

ただ、つながったり切れたりする組み合わせがあり、ケーブルを疑って床を探っているうちにハブのところでケーブルがささっていないのに点灯したり消えたりをしているポートを見つけた。

ささっていないポートが点灯するとつながる。消えると切れる。機械の中で回路が干渉しているらしい。 3000円くらいのハブを買ってきて換えると、下のフロアと中のフロアは安定してつながった。一番上のフロアには ping が通らない。

一番上に行って、下から来たケーブルをハブから抜いて、そこにあるパソコンに直接挿したら、ping が通った! こっちのハブも壊れてる。

よく考えたら、この二つのハブは同じ時に増設した「同い年」同士だった。
一緒に壊れるなんて、前世で双子だったのかもしれない。

ああでもない、こうでもないと一週間このことで悩まされた。
さあて、これからがほんとの仕事だ。やれやれ。

開けましてめでたい、ような。

 年末にアナログテレビが急死した。
 偶然中古のテレビチューナー付きパソコンが仕事場にあり、それで急場はしのいだ。リースアップのアナログテレビを入手することも考えたが、結局地デジ対応の液晶テレビを購入。(レコーダーまで買う予算はない。)

 画面は綺麗で、地デジ、BSデジタルの番組も見ることが出来る。が、アナログのDVDレコーダーでは「コピーワンス」の制御のため、記録メディアのDVD-Rは使えないことが、マニュアルには「直線的」な記述がなく半日くらいうろうろしてしまった。保存した画質もがっくり落ちるので、いつかはブルーレイ機器を買うことになるだろうけれど。

うれしいような、なやましいような正月になった。
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ