2008年06月

デジタル複合機と PC FAX

仕事場のデジタル複合機のファックスが、相手先のファックスと相性の善し悪しがあるのか、受信できないことがあり、相手先から大事な用件の時に苦情の電話をもらうことがある。

メーカーのメンテナンスでも原因がわからない。

仕方なく、複合機の回線の後ろにパソコンのモデムをつなぎ、呼び出し音の回数をずらして受信できるようにしてみた。

それでも受信できないなら、FAX専用機を別に準備しようかとも考えたが、受信したFAX画像を「見てから印刷」という機能は捨てがたいので、そういう機種を探したら、安くてもどれもこれも「デジタル複合機」。

ううむ、どういうこっちゃあ、と、うなっている。

ファックスの相性って本当にあるんだろうか。

なんだか「化かされている」ような、
、、バカ、か。





時代遅れ、2周目?

家人が買った特売品のデジカメが、大変よく写るのに驚いて、仕事場のデジカメも古いのを下取りに出して買い換えた。

下取り価格は1500円で、買い取りというよりは「値引き」の材料でしかない。調べたらその機種の発売は平成12年夏で、もう8年も経っている。

新しい機種には、顔検知とか手ぶれ防止機能の他に、撮影機会に応じて優先するモードをメインのダイアルに自由に選択する機能がある。実用的。

一度買ったら長く使わないともったいないのだが、機能そのものが時代遅れになっていることになかなか気がつかない。

カメラの話ではないが、「医療機能の均てん化」という考え方がある。
 医療機関の機能を評価したとき、ばらつきのグラフの山をなだらかな形から、少しレベルの高い方にとんがった山になるように、レベルの向上と標準化を目指すというもの。

日進月歩の世界で、8年も前の道具を使って山裾に取り残されていたのは、旧人類の証か。

カメラと一緒に買ったSDカードが2GBもあり、目をパチクリ。
慣れるのに時間がかかりそう。

Thunderbirdから 起動する ブラウザ

仕事場で、WindowsME機をXPにアップグレードして使っている。

古い環境をそのままに使っているせいか、Thunderbirdのメールの中にあるアドレスをクリックしたら、古いブラウザMozillaが起動してしまう。

ファイルフォルダーのオプションで、HTMLファイルを新しいブラウザ(Firefoxなど)に「関連づけ」しても、直らない。

仕方ないので、Thunderbirdで読んだメールで気になるページが紹介されていたら、Operaで読み直してクリックしたりしていた。1年以上も!

今朝になって、どうにも納得いかなくなり、「Thunderbirdから 起動 ブラウザ」というキイワードで検索したら、一番に私と同じような不具合を解消した事例があった。

インターネットオプションで一度、InternetExpolerを常時使うブラウザにしておいて、それから本当に使いたいブラウザで「常時使う」あるいは「既定のブラウザ」に設定すればいい。
( この仕事場では GreenBroser


早く調べればよかった。

人の話はよく聞くものだ、と思った。
つくづく。


記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ