2007年08月

熱中症から熱暴走まで

モノレールの自損事故は続編があった。

電源をとる三相の架線にチャーテ(太い実がなる)の蔓草が絡まり、走ってきたモノレール車のトロリー部金具を破損させてしまった。蔓草が金具に勝ってしまった。

その後、非常用の携帯電話がキイ操作を受け付けなくなる。
一番開閉回数の多い大戸の鍵が壊れてしまい、同じ鍵がもう手に入らないと言われる。

さらに、無線LANの不調の他にウィルス感染が疑われる端末が2台現れ、ネットワークを調べている内に、IPアドレスを配っているルーターのDHCP機能を空にしてしまい、ネットワークを認識しない端末が続出。

復旧させるのに丸二日かかった。

妻が「お祓いでもしたら」と言うが、こんな非生産的な日々を過ごしているようでは「お払い箱」の方が現実的かも。

家に帰ったら、こちらも無線LANがおかしい。
エアステーションをリセットしようとして探したら、配線から器具から電源アダプタまでひとまとめにビニール袋にいれて南向きの窓につるしてあった。

掃除の時じゃまだから、と必殺掃除人がやったらしい。

ビニル袋からエアステーションを出してやると、ピコピコ点滅し息を吹き返したのかスラスラとつながるようになった。

やがて終わることは知っているが、この夏はまだ暑い。

自損事故

20070801.jpg仕事場で使っている搬送用モノレールを、自分で壊してしまった。

この写真で見るとまるでジャングルの中みたいだけど、実際それに近い環境ではあります。すぐ裏が県立五台山公園で、頂上には牧野植物園もございますよ。

スチール製のロッカーを運ぼうとして、台車に積んだときにサイズを見誤ったのと固定をしなかったため、動き始めてからロッカーが台車からはみ出してしまい、支柱と衝突してしまった。

うっかり、ではすまされないミス。

人にけががなかっただけよかったけれど、自損で大損害。がっくり。

悲しみの青赤黒緑

三菱の四色ボールペンを何本も使っているのだが、シャツのポケットにさしたまま洗濯してしまい何本もだめにしてしまう。

机の上に何本もある四色ボールペンが、使えるのがどれで使えないのがどれかわからず、急いだ用事の時に限ってだめなヤツを取り上げてしまい、イライラの繰り返し。

今日もいろいろしなくてはならないことがあるのに、目障りなボールペンが目にとまり、つかないボールペンの芯を抜き出して、逆流しているインクを押し戻してみた。

はさみで3ミリ幅に切りそろえたティッシュペーパーを、爪楊枝でボールペンの芯の穴に押し込み、0.5ミリのシャープペンの芯でそれを奥に突き込む。

試し書きをする。ちゃんと色がつく。それを一本のボールペンにつき4回繰り返す。

何本もあるから、何本かける四色作業が続く。

こういのを色即是空、というのではないか。

せっかく使えるようになったボールペンをまたシャツのポケットにさしたまま、洗濯機を回してしまう日が来なければいいが、、、、。

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ