2007年04月

タブブラウジング・ソフト

InternetExplorerを7にして、他にもいろんなタブブラウザを試してみた。

ちゃんと表示できないページがあったり、Googleのサービスに対応していないブラウザもあり、今のところ満足できるのは「国産」のLunascapeになった。

ホームページを見ている間に、どんどん情報が入ってきて、気ぜわしい感じもするが、いかにもインターネットを利用している気分になる。

これを使って「生産性を上げている」というのは、どんな仕事の人なんだろう、と思う。うううむ。




どこでもオフィス

日帰りで東京に行く用事があり、早く羽田について済ませた用件を整理したくなった。

第1ターミナルの出発ロビーにインターネット喫茶があり、パソコンの前に座ったがオフィスソフトが入っていない。Googleにオフィスソフトと同じサービスがあることを思い出したが、以前に取得したIDとパスワードを忘れてしまった。

結局Yahoo!のメモに用件を書き付けて済ませて帰ってきた。

自分のパソコンでやったらちゃんとIDとパスワードが記憶されていてGoogleのそのサービスが使えた。ただいろいろブラウザを試してみたが、タブブラウザにも一長一短があり、結局InternetExploreが安直だった。出先のPCならなおさらだろう。

インターネットの使える環境さえあれば、そこそこの用事がこなせる。となるとだんだん自分のパソコンなどというものを持つことが意味なくなってくるのかもしれない。

パソコンはインターネットを通じて音楽や動画を取り込む「通過点」でしかなくなるような気もする。地デジのUSBチューナー、欲しいな、と思う。

虹色ボールペン出現、私的に。

ふだん4色のボールペンを使っていて、いろんなメーカーのものを試しているが、文房具屋さんでもっとたくさん色の選択できる道具を見つけた。

パイロットのコレト

まずボディを2色用と3色用から選び、使う色の組み合わせを10色から選び、さらに字の太さも3種類から選べる。

すでに持っている4色ボールペンと違う色の組み合わせを使えば、2本で7色を使い分けることができる「虹色ボールペン」。

他の3色ボールペンより軸が細く、手帳に小さい字を書き込むのに適している。

いい年して喜んでる場合ではないが、こりゃちょっと面白い。

おおっと!無事だった!

シャツと一緒に選択してしまったフラッシュメモリー。

なんと無事でした。ちゃんとデータの読み書きが出来る。
かわいらしいキャップが有効だったみたい。助かった。

こうなったら丈夫で長持ち、してね。欲深い話だけど。

さらっと水に流せる話

携帯電話の次はフラッシュメモリー。

シャツのポケットに入れたまま洗濯機に入れてしまった。

中身は既にパソコンからパソコンに受け渡した内容だったので問題は無かったが、ひとつ間違うと大事なデータを消失させる可能性大。

だめにしたメモリーは256MBだったが、最近たまったポイントで入手したメモリーは1GBでだんだん感覚が鈍磨してしまう。すごい話があっというまに当たり前になってゆく。

何かものの見方の基準になるものさしが、ぐにゃぐにゃ伸び放題になっているような感覚に襲われる。

いっそ便利だけどあぶない道具の無いところで暮らしたいが、
不便だろうねえ。

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ