木製の折りたたみ机を修理するために金具を買ってきた。

台所の流し台の下についている開き戸を受け止めるための金具で、本体側とドア側の金具を木ねじでとめるようになっている。折りたたみ机の脚の部分についていたもともとの部品とは少し違うがこれで代用させることにした。

まず、こわれている古い金具をはずそうとしたら、ねじの頭の「+」の溝がつぶれてしまいドライバーが空回りしてしまう。折りたたみ机の材料は合板ではなく硬い一枚板なので、なかなかうまくいかないが、握りのふといドライバーを探してきてなんとかとりはずした。

新しい金具をとりつけるのに、すこし場所をずらして前のねじ穴でない場所にしっかりとりつけようとして、プラスのドライバーでねじ込んで行き、ねじが板の中に首まで入り込んだとき、それまで回すのに重かったドライバー急に軽くなったと思ったら、そのねじの首がポトンと落ちてしまった。

どうやら最近は合板やほとんど段ボール紙のような素材で出来た家具が多いので、ねじの素材もやわらかいもので済ませているものらしい。もうひとつやってみたがまったく同じところまで来て、ねじ首がぽとりと首切れた。

仕方なく古い金具をとめてあった木ねじのうち、頭の溝が残っているものをつかってなんとか固定をすることが出来た。木ねじでさえ、今風の素材にあった強度しか持たないようになっているのかとつくづく思った。世の中はどんどんやわらかくなっている?かな。