特価品に負けた

仕事場でなるべくたくさんの人がパソコンにさわることが出来るように、LANを延ばすためにスイッチングハブを買いに行った。

 目当てのものは、一番安いのが売り切れていて少し高いけれど場所を取らない製品を買った。それなりに納得したのだけど、すぐそばの特価品のコーナーに、先日購入して思った通りに動作しない「CPU切換機」と同等の能力のあるものが、半額以下の値段でゴロゴロ並んでいるのを見てしまった。ああ、切ない。やるせない。もっとよくGUSUKUさんに話を聞いてからにするのだった。

幻ではない空中の楼閣

野口悠紀雄「ホームページにオフィスを作る」(光文社文庫、2001)を読んだ。
http://www.noguchi.co.jp/

 少し古い本なので、ブログサービスのことには全然ふれていないなど、今の状況とは少し違うけれど、我々のような零細な中小企業にも参考になることがあった。ちょうど仕事場の中で「社内ホームページ」を作ろうと考えていたのでよいタイミングだった。
□高速の常時接続が安価に出来るようになり、自分でいろんな機能をもたなくてもオンラインサービスで欲しい機能が利用することができる。
□ホームページを作るとき、まず自分が便利なように作ってみて、それを近い人から順番に見てもらうようにしていく、というのもうなずける。
□ブラウザの「お気に入り」を「リンク集」としてホームページに貼っておくというのも、自分が使うにも便利だし、自分がどんなことに関心を持っているかが系統だってあらわれるという。こんど試してみよう。
□そういえば親しい人で、今どんなことをしているか知りたいので、是非ホームページを作ってもらいたい人が二人いるのだが、この本を見せて勧めてみようかしら。

カラー印刷で目を白黒

仕事場にあるプリンターで、カラー写真入り文書をはじめて印刷した。

 プリンター、コピー、スキャナー、FAXのデジタル複合機種で、カラー写真を多量に印刷するのには適していないが、締め切りのある用事に追われて休日出勤することになった。
 文書そのものは前日に作ってあったのでプリンターのすぐそばにあるXP機から印刷をかけたのだが、何度やっても白黒印刷になる。しかたなく2階にある自分のデスクから命令をかけたらカラーで印刷された。なにがなんだか、、、。
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ