手書きメモをデジタルデータ化する

A4の紙を折りたたんで挟み込むメモバッド
http://superclassic.jp/?pid=16591184

一枚の用紙で、メモを16ページ書き、それをスキャナーで読み取りデジタル化する。

似た使い方で、反故のA4用紙を4つ切りにしてメモ用紙にし、大きめの手帳に挟んでおく。
書いたメモを、必要があれば携帯電話のカメラで読み取り、自分のEvernote に送る、ということを試してみた。

フーン、、、。

同期サービスで、ドキドキ、やはり。

雑誌で Sugar Sync というサービスを知った。

専用のソフトを使い、自宅と仕事場のパソコンのフォルダーを同期=同じ状態に保つ事が出来る。

今のところ、自宅のMacbook と仕事場のWindows機のデスクトップを同じにして使っているが、快調。

最初にMacbook に入れた時、データがいきなりネット上の自分のページにアップされ始め、あわててガチャガチャやって、写真データが消えてしまった。

Winsdows機では、ちゃんとどのフォルダーを同期させるか選ぶ画面を通ったので、そのようなトラブルはなかった。

便利だけど危ない、ハラハラドキドキの同期サービス。の、お粗末でした。

携帯電話の端末を換えて

docomo の法人営業が代理店に移ったとかで、セールスマンが現れた。

手元の端末が、電波を拾わない、電池が切れる、アドレスブックが不足、という三重苦だったので、まだ一年と少ししか経っていないが換えることにした。

たくさんの機能はいらないのでシンプルな機種を探すが、どれもこれもごちゃごちゃしていて全然スッキリしない。

めんどくさいので、セールスが持ってきたダミーモデルの一番薄いのにした。

実機が来てみると、通信速度が早くなっているのでネットがスムーズ。ワンセグを見るために液晶もきれい。カメラも「充分」。

考えてみたらここ5年くらい、携帯電話を換えるのは、たいてい故障か水没事故かで、使っていたモデルに似た機種に換えることしか考えていなかった。

ストレートタイプが好きなので、そればかり選んできたけれど、機能的にはそれが一面制約にもなっていたかもしれない。

無関心でいると、便利な機能を見逃している、かも。

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ